HALEO OMOTESANDO - ハイブリッド道場 | BONSAI柔術 | キックボクシング | フィジカルトレーニング | HALEO製品販売

VOICE
~お客様の声~

  • 会社員

    三浦 傑さん

  • HALEO表参道「BONSAI柔術」に出会ったきっかけを教えてください。

    HALEOが経営している、クロスフィット代官山に通っていた際、元PRIDEチャンピオンの三崎さんから、表参道に格闘技の道場を開くことを伺いました。 私自身、10年前柔道の道場に通っていたり、ここ数年はベストボディなどの大会に出場などもしていましたので、 競技志向が強く、 三崎さんの道場のオープンをとても楽しみにしていました。

    柔道の道場だと思っていましたが、三崎さんから道場について詳しく伺ったところ、 柔道ではなくBONSAI柔術の道場であることがわかりました。 私自身の年齢的なことや、非常に通いやすいクラススケジュールであったこともあって、柔道ではなくBONSAI柔術に転向し、競技をはじめることにしました。

    「柔術」をはじめてから、何か変化を実感したことはありましたか?

    大会に出場することを目的として、柔術の基本のトレーニングや、技を習得することを念頭に練習を行っています。 目的があることで、どんなことに対しても、メンタル面などのモチベーションも含めて、より一層、意識を強く・高く持てていると感じています。

    私は57歳なのですが、高齢になってくると、トレーニングを続けていても、体力や筋力の衰えからはどうやっても避けられません。 柔術を始めてから、基本練習だけでも前後左右と筋肉のほぐし効果の高い動きをしています。ここ1年の練習を振り返っても、 体力や筋力、スピード自体の衰えはそこまでないのではないかと感じています。

    先日(2018年6月)参加された柔術大会についてですが、
    参加されようと思ったきっかけ、また、出場されていかがでしたでしょうか?

    私は、過去に2回柔術の大会に出場しており、今回が3回目の大会出場でした。

    私と同じ57歳、または私以上の年齢でも柔術をやっている方はたくさんいると思うのですが、 柔術を初めてわずか1年ほどの白帯の階級になりますと、大会に出場する選手はほとんどいないんです。
    今回も、56歳以上のマスター6のカテゴリーではなく、1つ下の年齢層のカテゴリーに参加することにしました。

    正直なところ、今大会は楽勝でした。

    試合前にイメージトレーニングをしっかりしていたこともあり、想定外のタックルが相手からあったのですが、 結果的に極めた技については、練習どおり、イメージトレーニングどおりでした。 フィジカルとパワーで勝てたと思っています。

    今回は、白帯で楽勝だったのですが、技術がさらに高まっている青帯の階級へあがった時は、今のフィジカルとパワーでは敵わないと思いますので、 これからもっと練習していくことになると思います。

    今後、柔術に期待することはありますか?

    今後は、青帯やさらに上の階級を目指して、多くの大会に出て勝ちを重ねていきたいと考えています。 その上で、今以上に多くの練習や技の習得も進めていこうと思っていますが、色々な階級の方や、私よりも若い方とのスパーリングをしていきたいと考えています。
    出稽古ができるのであれば、静岡のBONSAI柔術のメンバーをはじめ、BONSAI柔術のいろいろな方とスパーリングをしてみたいです。

    出稽古、または、その逆にHALEO表参道店に色々な柔術家の方の招待など、是非とも企画をお願いいたします!